桜 吹 雪 / 羊羹製

  • 2013.04.08 Monday
  • 16:26
 
         桜花 散りかひくもれ 老ひらくの
          来むといふなる 道まがふがに
              
                     在原 業平(古今和歌集)

  (桜の花よ 辺りが花びらで曇ってしまうくらい散りなさい
    老ひがやってくるという道が分からなくなるように)

 時の権力者、藤原基経の四十の賀の折に業平が詠んだ詠です。
 花びらが散り、一面桜色になってゆく様子を、錦玉羹と吉野羹の流し
合わせで表現しました。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM