椿 餅 (つばきもち) / 道明寺製

  • 2013.01.30 Wednesday
  • 13:05
 

 
  源氏物語にも登場する千年以上の歴史をもつ菓子です。

  源氏物語注釈書「河海抄」によると「精米を乾燥させて臼でひいた餅粉を甘葛
  
  煎で練り、椿の葉で包んだ菓子」とあります。

  手に持ちやすく、葉を剥がせばそのまま口に運べるように
 
  自然のものを巧みに利用した先人たちの知恵はそのままに、現代でも沢山の
 
  菓子屋でつくられていますが、注目したいのは”葉の巻き方”です。

  持ちやすいよう葉の丸みに沿わせるように包んだもの(左)と剥がしやすいよう
 
  葉の表面を餅にあてるように包んだもの(右)の二種類があります。

  平安時代の人々が口にしたのは、一体どちらの形だったのでしょうか。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM